周辺観光

HOME > 周辺観光 > 西本願寺(世界文化遺産)

オフィシャルサイト限定宿泊プラン・オンライン予約

お昼の会食

洛兆・宴会物語

洛兆Q&A

洛兆モバイルサイト

周辺観光

西本願寺(世界文化遺産)





「世のなか 安穏なれ」は、親鸞聖人が不安と争いの時代にあって、念仏者のめざす道を示されるなかで述べられた言葉であります。


 


【西本願寺の歴史】
浄土真宗本願寺派の大本山であり、参拝者も多い。戦国時代には何度も迫害を受けたことは良く知られるが、天正19年(1591)に現在の地に移つた。

起こりは、親鸞聖人の娘・覚信尼が東山に御影堂を開創したことによる。御影堂には親鸞聖人をまつる。江戸時代の再建の本堂には阿弥陀立像をまつる。

飛雲閣は金閣、銀閣とともに洛陽三閣の1つに数えられ桃山文化の美を伝えるもの。また日暮門はその彫刻に魅せられて日の暮れるのも忘れることから名付けられた。




PAGE TOP