周辺観光

HOME > 周辺観光 > 東寺 (世界文化遺産)

オフィシャルサイト限定宿泊プラン・オンライン予約

お昼の会食

洛兆・宴会物語

洛兆Q&A

洛兆モバイルサイト

周辺観光

東寺 (世界文化遺産)

平安京への入り口である羅城門の左右に築かれた東西の寺のひとつ。建立の最中、空海により真言密教の根本道場とされた。

伽藍は、南大門、金堂、講堂、食堂が直線上に建つ。主に、室町時代から江戸初期に造られたのものである。 日本一大きな五重塔や寝殿造りを思わせる大師堂など密教文化を代表するものが建ち並ぶ。

毎月の21日は、地元では「弘法さん」と呼ばれる縁日が催される。これは空海の命日にちなんで行われるもの。また、講堂内の貞観彫刻など多数の文化財・真言密教芸術を有する。


PAGE TOP